おすすめ記事

<a href=""> 記事がありません <?php endif;

宮崎県高千穂の天岩戸神社に片桐英彰会長より東天紅を奉納しました

 

宮崎県高千穂の天岩戸神社に片桐英彰会長より東天紅を奉納しました

  鶏を飼育していて、古事記や日本書紀のお話をご存じの方は、「天照大御神様の天岩戸開きのお話の中で鳴いている長鳴き鶏は【東天紅】」と言われています。

この度、天岩戸神社の佐藤宮司さまのご采配により、東天紅を奉納させて戴く運びとなり、12月21・22日に行われます「注連縄御神事」の中で、長鳴き鶏の鳴き声奉納をさせて戴くこととなりました。

 

↓画像をクリックすると天岩戸神社ホームページにうつります!!


天岩戸神社 注連縄御神事
 

奉納した東天紅の特徴

  • 2021年11月26日奉納
  • 天然記念物 東天紅 赤笹種
  • 奉納主;片桐 英彰
  • 岡山七五三男系
  • 11月3日撮影

 

 

toutenkou-1

 

toutenkou-2

 

toutenkou-3

 

人間で言えば14~15才位で、まだ、成長半ばの年齢です。

尾っぽの毛もまだ揃っていませんし、冠もまだ少し大きくなると思います。

生後7ヶ月位で鳴き始めました。

親は20秒以上鳴いています。

 

親鶏になれば、始め、普通の鶏と変わらない声から始まり、長鳴きの声に変っていきます。

鳴かせ方については、鶏とふれあい、毎日の信頼関係で、鶏は翼を大きく羽ばたかせ、心許せる人のそばで、心を落ち着かせ安心して鳴く事が出来ます。

 

 

天岩戸神話の舞台となった場所天岩戸神社│古事記・日本書紀のお話にふれてみます

  天岩戸神社 注連縄の写真

 

鶏の鳴き声には、太陽の神さまを呼ぶ力があると言われています。

「天岩戸」は、八百万(やおよろず)の神々さまがあらゆる知恵を出され、ようやく天岩戸から出てこられた天照大御神さまが、二度と岩戸の中へ隠れてしまわないように、しめ縄を張ったとされていて、これが、天岩戸神社のしめ縄発祥の地とされている由来だと聞き及んでいます。

しめ縄発祥由来の地である、天岩戸神社に奉納された鶏(東天紅)を作出された方が、岡山七五三男氏とおっしゃいますが、しめ縄は七五三縄(しめ)とも書き、しめ縄は、両外側に藁の筋を垂らしますが、一番左が 3 本, 真ん中が 5 本, 右側が 7 本になっています。

不思議なお図りと言わざるを得ません。

 

天岩戸神社 天安河原

 

天岩戸神話での鶏(東天紅)の登場は、神々さまが天安河原(あまのやすかわら)にお集まりになられ、岩戸にお隠れになった天照大御神さまを、天岩戸から出て戴くために何をすべきかを、知恵を出し話し合われます。

そして、お話合いの結果、天岩戸(あまのいわと)の前で色々な事が試されて行きます。

まず、長鳴鳥(ながなきどり)を鳴かせてみられるのですが、この鶏が東天紅と言われています。

八百万(やおよろず)の神々さまが、天照大御神さまを岩戸から出て戴くために、いろんな知恵を出し合われたように、今生でも、いろんな方々の知恵が出され、八百万(やおよろず)の神々さまのお導きによって、天岩戸神社に天岩戸伝説の再現と、たくさんの方々の御縁と共に、新しいお祭りが始まりました。

 

 

  クラウドファインティングも企画もされています。

たくさんの方にご覧戴いていらっしゃるようです。

天岩戸神社の由来や、今後、続いていく「しめ縄張りの神事」の説明や、今回の御神事の意気込みを語っていらっしゃいます。

 

↓ 画像をクリックすると天岩戸神社 クラウドファインティングのページを見ることが出来ます。

simenawa

 

天岩戸神社 24代目宮司様ご挨拶

 


東天紅が、高千穂の地に根づき、八百万(やおよろず)の神々さまの御光が世の中に輝きますよう、心より願っています。

   

天岩戸神社 クラウドファインティングのページはこちらから!

       

天岩戸神社注連縄御神事 【長鳴鶏(東天紅)の鳴き声奉納】

 

天岩戸神社注連縄御神事 東天紅の長鳴きが見事に響きわたりました!!

 

2021年12月21(火)、12月22日(水)の2日間に渡って、天岩戸神社注連縄御神事が行われました。

「天岩戸神社注連縄御神事」とは、2020年12月に、天岩戸神社創設以来、初めてのご神体の「天岩戸」に注連縄を張り、神話に習い、世の中が再び暗い世界に戻らないようにとの願いを込めて、新たに始めたご神事です。

 

東天紅 天岩戸神社

   

12/21(火) 前夜祭 15~21時

・注連縄奉迎の儀式

・奉納演奏・・・・・音楽家 梶原徹也、阿部一成

・奉納演舞・・・・・舞踊家 島地保武、酒井はな

・天岩戸神楽奉納

・奉納揮毫(きごう)・・・・・書道家 永山玳潤

   

12/22(水)本祭

・献香献茶式・・・・・西行庵円行流 花輪竹峯

・長鳴鶏の鳴き声奉納・・・・・日本鶏保護連盟

・奉納演武・・・・・武道家 荒谷卓

・注連縄張神事 宮司祝詞奏上

・鏑矢奉納の儀・・・・・宮崎県立高千穂高等学校弓道部

・御神体の注連縄張替え神事・・・・・登山家 竹内洋岳、天野和明

・奉納揮毫(きごう)・・・・・書道家 永山玳潤

   
amanoiwato-toutenkou4

撮影:天岩戸神社

 

今年のご神事から、長鳴鶏(東天紅)の鳴き声奉納が入りました。

日本で鶏が記された最初の文献は、「古事記」「日本書紀」の「天岩戸伝説」です。

 

amanoiwato-toutenkou3

撮影:天岩戸神社

 

鶏の鳴き声には、

太陽の神さまを呼ぶ力がある

と言われており、天岩戸神話では、天照大御神さまに出てきてもらうため長鳴鶏を鳴かせたと記されています。

 

amanoiwato-toutenkou2

撮影:天岩戸神社

 

長鳴鶏(東天紅)は、御神殿前に鎮座された後、長鳴鶏の鳴き声奉納開始時間ぴったりの7時45分に、天岩戸初鳴きを響かせてくれました!!

東天紅の長鳴きを聞くことが出来ました!!

 

鶏 天岩戸

 

続くご神事の中で、注連縄張神事 宮司祝詞奏上の最中にも、二回鳴き、みなさまからの喝采が上がりました。

 

鶏 天岩戸

 

 

天岩戸神社創設以来、「天岩戸初鳴」を果たしてくれた東天紅に、ご苦労様でしたとの言葉を送りたいと思います。

歴史的瞬間にかかわることができたことを、心より感謝申し上げます。

 

クラウドファインティングもすばらしい展開があらわれました!

ご神事と同時に行われていた、クラウドファインティングも予定を大きく上回る結果があらわれました!

「天岩戸神社注連縄御神事」での「長鳴鶏の鳴き声奉納」のご神事がずっと続いていけますように、心より願っています。

   

天岩戸神社 クラウドファインティングのページはこちらから!

       

第12回 日本鶏保護連盟品評会 全国大会

品評会での集合写真

平成24年12月9日、12月ということで寒い日和ではありましたが、天候にも恵まれて、第12回 日本鶏保護連盟品評会が、熊本市の寺原自動車学校で行われました。
日本鶏保護連盟品評会 寺原自動車学校
 
九州各県はもちろんのこと、遠くは、千葉・和歌山・奈良・愛媛県より熊本まで足を運んで、お越し下さいました。
例年通り、出品数も大変多く、盛況のうちに終わることが出来ました。
 

品評会の様子

例年のことですが、沢山の出品戴き、いつもの場所におさまりきれず、大型鶏は場所を変えて、展示することになりました。
日本鶏保護連盟品評会会場 寺原自動車学校
 
遠方からは、千葉の藍さま、和歌山の久保会長、奈良の前川会長、兵庫の久次米さま、
鶏品評会会場 集合写真
 
四国の渡部会長、山口県のの足谷会長を始め、全国や九州各県の代表する愛鶏家が、会集い盛会な品評会となりました。
会長写真 寺原自動車学校
 
鶏種も大変レベルも高く、特に小軍鶏は、どの鶏も甲乙つけがたい体型の素晴らしい鶏ばかりでした。
小軍鶏 白色
 
鶏のやさしい姿や心にふれて、明日の活力にしたいものです。
桂ちゃぼ
 
年に1度の全国大会の品評会で、全国の代表する愛鶏家が集い、情報交換や、全国への情報発信の場でもあります。
 
日本鶏保護連盟 URL